食事では塩分の取り過ぎに気を付けましょう

食事では塩分の取り過ぎに気を付けましょう

3食とも自炊できる場合は別ですが、外食やコンビニなどのお弁当類が中心の方は、塩分の取り過ぎに気を配るのが大切です。
外食などは美味しさを優先するため、塩分が多い傾向もあり、本人が気付かない内に大量の塩分を摂取しているケースもあるのです。
特に塩気が多いメニューは汁物とお漬物ですから、医師から塩分を控えるように言われている際は、定食を食べる場合でも、それらに手を付けない方が良いでしょう。
そのほか、ラーメンなどの麺類も比較的塩分量が多く、たとえスープを飲まなくても、概ね半分の量は摂取してしまうとされています。
そこで、日頃から塩分を取り過ぎている場合は、カリウムを摂取するように心掛けるのが得策です。
このミネラルは体内の塩分バランスを整えますので、余分な塩気を体外へ排出するように促してくれます。
カリウムはホウレン草や里芋、そして旬の食材では冬瓜やスイカなどに多く入っていますから、積極的に食べたいところです。
何より塩分過多は、高血圧などの生活習慣病を招くほか、むくみの原因でもありますから、毎日の食事で注意しておくのが一番です。

京都の公園出張バーベキューサービス

産地こだわり素材を使用した絶品居酒屋

名古屋丸の内の大人のための居酒屋

とんかつを札幌のご自宅へ配達します

最新記事